英語

オンライン英会話はネイティブじゃないとダメ?【こだわらなくてOKです】 

 

・オンライン英会話を利用したいけど、ネイティブから英語を学びたい。
・フィリピン人が多いけど本当に大丈夫?

 

ゆうや

全然問題なしです。

本記事ではなぜフィリピン人講師が多いのか、
フィリピン人講師でも問題ない理由を解説していきます。

 

最近オンライン英会話がかなり増えてきて、選ぶ方も大変だなと思います。
そして、ネイティブよりもフィリピン人講師を採用しているスクールが大半を占めています。

 

僕は13年間、商社で海外営業として世界中の国を相手に仕事をしてきました。
仕事は全て英語でしたが、取引相手の大半はタイ、マレーシアなどの東南アジア各国、
中東などの会社でした。

 

僕が実際に英語を仕事で使ってきた経験を交えて解説していきます。

 

オンライン英会話でネイティブが少ない理由

 

結論は人件費が安いからです。

などがオンライン英会話スクールでは有名ですが、
上記いずれのスクールもフィリピン人講師がメインとなっています。

 

仮にアメリカ人やイギリス人講師のみでサービスを展開しようとすると
かなり金額が高くなり、価格競争力で他社に負けるでしょう。

 

このように、オンライン英会話を安く提供しようとすると
人件費の安いアジア圏の国でかつ、英語ができる人を講師として採用する必要がでてきます。

 

家電製品を日本ではなく、中国やベトナムなど人件費が安い工場で製造しているのと同じ考え方ですね。

 

なぜフィリピン人なのか

 

英語が公用語だから

フィリピンは過去の歴史の中で、スペインの植民地時代にはスペイン語、
アメリカの植民地時代には英語、そして日本が支配していた頃は日本語と、
さまざまな国の言語を経験してきました。

 

植民地時代が終わり独立した後の1974年には、
教育省令25号「フィリピン語と英語による二言語併用教育政策」が発表され、
現在も英語がフィリピンの公用語の一つになっているそうです。

 

ほとんどのフィリピン人は小学校から大学まで、国語・歴史以外の授業を英語で受けます。
最初は全く英語が話せない子供たちも、英語でしか受け答えができない環境で鍛えられたおかげで

 

“英語を聞き取る・話す”という実践的な英語スキルが身に付いていくのです。

 

フィリピンでは街中の看板や広告、道の表札など目に入るものがほとんど英語で表記されています。

 

また、映画館で上映されるアメリカ映画は、自国語での「吹き替えなし+字幕なし」なものばかり。
英語が分からないと娯楽も楽しめない環境なのです…。

 

僕のフィリピン人の友人は小さいころ、
映画で聞き取れない箇所があったら一時停止して何回も見返して理解していたとのことです。

 

子供の頃からこのような環境にいたので、そら英語できるわ!と納得です。

 

人件費が安いから

例えばオンラインスクールのネイティブキャンプでは1レッスン(25分)で
講師が得られる報酬は57ペソ、日本円で約130円です(1ペソ=2.27円)。

 

仮に1時間2レッスンすると時給260円(130円x2)となり日本人からすると安っ!
となるのではないでしょうか?

 

しかし、一般的なフィリピン人の給与水準からすれば、逆に高い水準です。

 

フィリピンの最低賃金は日給537ペソ(約1,219円)です。
日本でちょっと高い時給と同じ水準ですね。

時給に換算すると1,219円/8時間=152円となります。
(参考:Trading Economics

 

ネイティブキャンプの時給が260円なので、最低賃金より約42%も高く相当魅力的な
賃金ではないでしょうか?

 

在宅でいつでも働けるし、コロナで仕事を失った人も多くいると考えると
ネイティブキャンプで働きたいというフィリピン人が殺到するのではと思うほどです。

 

オンライン英会話はネイティブでなくて良い理由

そもそも英語話者でネイティブの割合が少ない

 

世界の英語人口は約15億人といわれていますが、
そのうちネイティブスピーカーは25%程度で、残りの約75%は非ネイティブスピーカーです。

 

つまり、英語は第二言語もしくは外国語として学んで話している人の割合のほうが多いということです。

 

アジアだと、シンガポール、マレーシア、フィリピンは英語を話す人が多く
各母国語の影響を受けていて独特の英語の訛りがあります。

 

僕は今まで13年間英語を使って仕事をしてきましたが
アメリカ人やイギリス人といったネイティブと話す機会は稀で
東南アジアや中東など非ネイティブの方と話す方が多かったです。

 

これから英語を実際に使っていく際はネイティブと話す機会の
方が少ない可能性が高いです。

 

まずフィリピン人と会話できるようになろう

 

英会話初心者のうちは、フィリピン人などのネイティブではない人と
英語でコミュニケーションできるようになることを目標にしても良いのではないでしょうか?

 

ネイティブにこだわると

・高くつく
・話すのが早すぎる
・難しすぎる

このようにせっかく始めたのに挫折する原因となります。

 

フィリピン人は陽気な方が多いですし、楽しく英語を学習できるのではないでしょうか。

 

オンライン英会話などで慣れてきたなと思ったら、
ネイティブの先生をメインに予約するという感じでも良いと思います。

 

まずはアウトプットを増やすこと

 

ストレスなく英語を話すことができるレベルまで、どんどん英語をアウトプットしていきましょう。

 

僕は高校卒業した段階では全く英語ができませんでした。

しかし、大学で海外へ旅に出たり米国へ留学したりと
日本で学習した英語をたくさんアウトプットしてきました。

 

そのおかげでTOEICを905点取得できたり
英語を使って仕事ができるようになるまでになりました。

 

そのため、英語が話せるようになるにはアウトプットが欠かせないと思っています。

 

今では気軽にアウトプットできるオンライン英会話が多くあります。
無料体験もできるので一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-英語

© 2021 yuyalife Powered by STINGER