GitHub プログラミング

GitHubとローカルファイルを結びつける方法

アプリ開発などでは、チーム開発が多く行われますが、
ここでよく用いられるのが、GitHubというツールです。

このツールを使いこなす事で、チーム開発がスムーズにいく事から
多くの開発現場で使われています。

まずGitHubの基本中の基本である、アプリとGitHubを結びつける
方法について解説してきます!

*GitHubは登録済みである事、ローカルで紐づけたいアプリなどを立ち上げている事が前提です。

リモートリポジトリを作成

GitHubの画面の右上の➕マークよりNew repositoryを選択し
リポジトリ名を入力(ここではアプリ名など)
Publicを選択して、最後に下部のCreate Repositoryをクリックしてください。

 

下記のような画面になっていればOKです。

ローカルリポジトリにリモートリポジトリを紐づける

まず先ほど、上記で作成したリモートリポジトリの画面にて
URLをコピーします。

 

次に、ターミナルで紐づけたいアプリのディレクトリにいる事を確認して
以下のコマンドを実行します。

$ git remote add origin 先程コピーしたURL
$ git remoteと入力し、originと出れば成功です。

*originとはリモートリポジトリの事です。

リモートリポジトリに反映させる

ターミナルで次のコマンドを実行して、リモートに反映させましょう。

$ git push origin master

GutHubのページをリロードして、下記のようになっていればOKです。

まとめ

ここまでで、GitHubにてローカルリポジトリとリモートリポジトリを紐づける事ができました!

次回GitHub Desktopという便利なツールを紹介しようと思います!
お楽しみに 🙂

 

 

 

-GitHub, プログラミング

© 2021 yuyalife Powered by STINGER