GitHub プログラミング

GitHub Desktopでローカルリポジトリを扱う方法

GitHub Desktopという便利な機能を用いて
より開発環境を整えていきましょう!

ターミナルでcommit, Pushなどを簡単にしてくれて
とても便利ですので、ぜひ使い方に慣れておきましょう。

*GitHub Desktopはインストールしておいてください。

GitHub Desktopにローカルリポジトリを追加する

まず、GitHub DesktopのAdd an Existing Repositoryをクリック。

Chooseをクリックして、ローカルリポジトリを選択。
Add Repositoryをクリック。

*Add repositoryがクリックできない場合は
下記のコマンドを実行してください。

$ git init
rails のバージョンによっては
rails new 時に git init がされないケースがあるからです。

下記のように、追加したリポジトリ名が表示されていればOKです。

チェックボックスにチェックがついている項目は、
インデックスに追加された変更点です。

git add コマンドと同じ意味を持ちます。

コミット、プッシュしましょう

変更点をコミットしましょう。

コミットメッセージは変更内容を英語で記入しましょう。
Descriptionという欄には、より詳しく内容を記入したい場合に使います。

*コミットとは、ファイルの変更内容をローカルリポジトリに記録する事。

次にプッシュします。

*プッシュとは、ローカルリポジトリにあるファイルをリモートリポジトリに
送信して保存する事、いわゆるアップロードに近い感覚です。

コミットする前はpublish originという表記でしたが
コミット後はPush originに変わりますので、ここをクリック。

一度プッシュすると、[Publish branch]ボタンが[Fetch origin]ボタンに変わっています。
GitHub Desktopでは、1回目のプッシュのときはPublish branchと表示され、
2回目以降のプッシュはFetch originと表示が切り替わります。

プッシュを行うという機能自体は変わりないので、気にしなくてOKです。

*Publish branchをクリックすると、リモートリポジトリを作成してくれます。

ブラウザのGitHubにてコミットが反映されている事を確認しましょう。

先ほど行なったコミットがコミットメッセージと共に反映されていますね!

まとめ

GitHubの使い方は慣れないうちは、理解できない部分は多いかと思います。

使っていくうちに、慣れてくると思いますので、
1人で個人アプリを作る時でも、GitHubを用いてチーム開発の練習をしましょう。

-GitHub, プログラミング

© 2021 yuyalife Powered by STINGER