英語

海外へ行くべき5つの理由【英語ができなくても問題なしです】

よく海外に行った方が良いと言うけど
なぜ海外に行くべきなのか、理由が知りたい。

本記事ではこういった疑問について解説していきます。

本記事を読むことで、海外に行くべきメリットがわかります。

僕は18歳で初海外でタイへ一人旅へ行ってからバックバッカーにどハマり。
インド、タイ、チベットなど、アジア各国を旅しました。

その後米国へ1年留学後、就職した商社で営業として世界20カ国を訪問しました。
それら経験を通して今思う海外へ行くべき理由をまとめました。

 

若い時に海外へ行くべき5つの理由

日本の常識を俯瞰してみれる

海外に行くと最初に気づくことは、日本とあまりに異なることです。

当たり前ですが、

・言葉
・服装
・気候
・建物
・人の表情、振る舞い

何もかもが違います。

日本ではこうなのにこの国では違うと気づくことができ、

良い悪いは別にして、日本の常識を別の視点でみることができるようになります。

僕が印象に残っていることは

仕事で東南アジア各国やヨーロッパなどへ行ったことがあるのですが

会社訪問の際スーツを着て行った際、迎えてくれた方々はほとんど私服だったことです。

仕事はスーツという日本の常識が
世界では全くそうではなかったと気付かされました。

例を出すとキリがないのですが、

この様に、私たちは当たり前だと思うことが
世界ではそうでないケースがたくさんあります。

英語に対する常識が変わる

僕は英語圏ではない、

タイ、マレーシア、シンガポールなどの東南アジア各国、
ドイツ、スペイン、オランダなどのヨーロッパの国々の人と仕事をしてきました。

もちろん、

彼らとは英語でコミュニケーションをとりますが、
映画で耳にする様な発音の英語を話す人の方が少ないくらいで、各国特有の訛りがあります。

どの国の人も、英語の発音がどうだとか気にすることなく自信を持って英語を話しています。

この経験から、

伝わる英語であれば、どんな訛りがあっても問題ないものだと思える様になりました。

僕は日本人の完璧に話さないといけないという考え方は、固定観念だと言いたいです。

色んなライフスタイルが見れる

海外に出ると色んなライフスタイルが見れます。

日本では大半の人がスーツを着て会社勤めをしています。

しかし、

海外にいけばスーツの人は少なく路上で料理作ってる人、
路上で靴磨き、昼間からなんか暇そうにしてる人

などなど、

特に東南アジアでよく見られる光景ですが

とにかく日本では滅多に見れない様な謎な人が多いです。
こうあるべきだという気持ちが少しでも軽くなる瞬間です。

日本は安全なんだと確信できる

日本は世界一といっていいほど安全です。

例えば、

カフェでちょっとトイレに行って帰ってきたら、自分の席のものが全て盗まれていたなんてこと
滅多にないですよね。

海外だとむしろ盗まれる確率の方が高いくらいです。

また、路上でスリにあうなんてことも珍しくありません。

ちなみに僕はフィリピンに行った時に、
路上で現地の子供達に囲まれ財布を盗まれた経験があります。

この様に日本ではありえないような事が海外ではよく起こります。

日本に帰国したときはなんて平和な国だと感じざるを得ませんでした。

人間として成長できる

外国へいくと日本ではありえないような光景を見ることが多いです。

例えば、

インドでは物乞いをする人が路上に多くいますし、その中には片足がなかったりと
日本ではまずありえない光景を目にすることが多くあります。

そういう光景を見ることで日本は恵まれていると感謝できるし

何もかもが当たり前ではないなと思うことができ、人間的に成長できます。

観光名所などの良い面を見るだけでなく
世界で起きている現実を目の当たりにすることで視野が広まるからです。

 

英語ができないと海外へ行くべきではない?

英語をしっかり勉強するまで外国にいけないと、日々勉強してる人も多いと思います。

僕がオススメするのは、まず行ってみること

僕は大学の卒業旅行で、中国のチベットという秘境の地へ1ヶ月間いきました。

もちろん英語なんて通じないですし、僕は中国語も話せませんでした。

しかも、

チベットではチベット特有の文字を使いますので、何もかもわかりませんでした。

ガイドブックに載ってるよく使う表現集を使うかジェスチャーしか
現地の人とコミュニケーションを取る手段がありませんでした。

つまり

英語を全く話せない人が外国へいくのと同じ状況です。

この様な状況の中でもいきたい場所を言えば丁寧に教えてくれたり、

レストランでは写真を見せてくれたりと、なんとかなるものです。

日本人は英語を完璧に話せないと恥ずかしいという
固定観念に縛られていると思います。

一度外へ飛び出すと違う世界が見れていいですよ。

とはいえ、

英語が話せると外国人と色々情報交換できたり友達を作れたりと
便利なことは間違いありません。

今から少しづつでも勉強して徐々にレベルアップしていくのがいいですね。

 

まとめ

今回は海外へ行くべき理由を解説しました。

海外へ行くメリットを感じてもらえたでしょうか?

できるだけ若いうちに海外へ行くことで
今後人生で選ぶべき選択肢を広げることができます。

日本の常識だけで生きていると気づくことができないことが多くあります。

本記事が少しでも視野を広げるきっかけになると嬉しいです。

-英語

© 2021 yuyalife Powered by STINGER